万葉の藤

万葉集17巻 大原高安真人(高安王)が詠んだ「妹が家に伊久里の杜の藤の花今来む春も常かくしみむ」この井栗の藤を万葉の藤と呼んでいます。毎年5月上旬に美しい紫色の花を咲かせます。